中小企業のM&A、事業継承のご相談はユニバーサルM&A株式会社へ

お知らせ

NEWS

成功事例 印刷代行業者と個人とのマッチング

[2019-03-29]

この度の売り手様は印刷代行を営んでいる事業会社です。

印刷代行とは、依頼主が資料を持ち込み、それを店側で決められた時間までに印刷。

印刷物と引き換えに代金を頂くという、まさに印刷(コピー)を代行する業務です。

 

主要顧客は近隣の大学生で、流れとしては

1、授業開始前に学生が資料を持ち込み印刷の依頼。

2、昼休み又は終業後に印刷済みの資料を受け取る。

3、それと同時に代金を支払う。

という仕組みとなっています。

 

営業利益は毎期約200万円と安定した営業利益率を保っていました。

しかし、社長がご高齢で体調も芳しくないという事もあり、会社を清算する予定でした。

ご相談後すぐに買い手様を探してみましたが、なかなか良い買い手先は見つかりませんでした。

そこでM&A専門のプラットフォームに掲載したところ、1週間で20件以上のお問合せを頂きました。

驚いたのは、10件以上は個人の方からのお問合せだったのです。

 

まずは当社担当者と面接していただき、ご購入意思の強い2名様に絞らせていただきました。

その後お二人を社長とご面談していただき、何度かご質問とご回答のやりとりの末、ご面談から

約1週間で1名様より意向表明書を売り手様に出すこととなりました。

最終調整も順調に進み初回のご相談から、わずか65日で株式譲渡契約書を締結するという

スピード成約となりました。

 

今回のご成約の成功要因としては

・買い手様が個人の方で、意思決定が早かったこと。

・買い手様が現在のお勤めを辞めて、買収される企業の業務に本腰を入れたいという誠実な姿勢に

 売り手様も安心して会社を売る気になったこと。

・そして何より売り手様と買い手様のお人柄がとてもよく、ご面談後すぐに意気投合されていたこと。

が、あげられます。

 

M&Aと聞くとBtoBのイメージが強いかと思いますが、ここ最近の傾向ですと小さいディールのご成約も

増えておりBtoC、つまり個人の方が会社を購入することも珍しくなくなってきました。

まさにマイクロM&A時代の到来です。

 

起業により一国一城の主を夢見ている方も大勢いらっしゃるかと思いますが、ゼロベースで立ち上げる

よりも、はるかに効率的なマイクロM&Aも視野にご検討されるのはいかがでしょうか。

ARCHIVE
2019年(8件)

まずはお気軽に
お問い合わせください。

ご相談は無料です。M&Aのことならお気軽にお問い合わせください。